西宮市の瓦木小学校 のご紹介です。

  • ☆ 瓦木小学校の紹介

    500名強の児童が通う、西宮市立瓦木小学校の創立は、明治6年、西暦1873年のことです。

    瓦木小学校の、創立100周年記念式典が挙行されたのが、昭和50年ですから、その後、40年以上の月日が経っていて、平成26年度は、創立139年を迎えることになります。

    古い歴史を持つ西宮市立瓦木小学校ですので、創立当時の様子を知る人は、おそらくいないのではないかと思うのですが、それでも親子・孫と、何代にもわたって、瓦木小学校で学んだご家族も多いのではないでしょうか。

    地理的に言いますと、瓦木小学校の、北側から西側にかけて、名神高速道路が通り、さらに、その北側には、阪急神戸線が通っています。

    ただし、最寄駅である、阪急神戸線の西宮北口駅付近は、瓦木小学校区ではなく、西宮市立高木小学校区となりますので、瓦木小学校区内の中古マンションを探すとなれば、瓦木小学校の南側を走る、JR東海道本線の線路の北側、JR甲子園口駅の北西側に位置する中古マンション、と言うことになります。

    このあたりは、一戸建て住宅とマンションが建ち並び、比較的、区画が整理された、綺麗な街並みになっています。

    住民の方の声も、とても住みやすい街だ、ということで、瓦木小学校区内の中古マンションをお探しであれば、かなり、お勧めできる物件がそろっていると思います。

    瓦木小学校の児童が進む中学校は、西宮市立深津中学校となり、西宮市立深津小学校の児童と共に、深津中学校で学ぶことになりますが、「瓦木」小学校と校名が同じな、西宮市立瓦木中学校も存在し、こちらへは、高木小学校や樋ノ口小学校の児童の一部と、瓦林小学校の児童が通学するという、ちょっと複雑な校区割になっています。

    他の地域から引越しをして、中古マンションをご購入される時には、校区の確認を忘れずに、行うことが必要です。

    さらに、瓦木小学校区の最寄駅であるJR甲子園口駅の南側には、上甲子園小学校があるのですが、JR甲子園口界隈も、交通の便が良い上、、商業施設も充実している地域ですので、この辺りの中古マンションは、大変な人気がある様です。

    瓦木小学校の周辺には、甲南大のキャンパスや甲子園短大・甲子園高校もあり、多くの教育施設を抱えるこの地域は、子育てにも適した環境ではないでしょうか。

     下記の住所が、瓦木小学校区に該当します。

    瓦木小学校区
    大屋町(4~11、19~23、30~32番) 瓦林町(1~21番)
    熊野町(1~4番) 甲子園口北町 天道町
    中島町(2~7、13~18番) 二見町