西宮市の小松小学校 のご紹介です。

  • ☆ 小松小学校のご紹介

    西宮市立小松小学校の東には、二級河川の「武庫川」が流れています。

    武庫川の両岸は緑が多く、広い河川敷が広がり、サイクリングコースや市民ランナーの練習の場となっている所で、尼崎市と西宮市の境界を流れている川です。

    この武庫川を拠点として、武庫川スポーツクラブが活動し、クラブ主催のマラソン大会や駅伝大会などが開催され、毎月の記録会や定例練習会など、クラブ内外からの参加で、活発に活動しているようです。

    そんな背景が影響しているのかどうかはわかりませんが、西宮市立小松小学校の児童も、スポーツへの取り組みは活発で、陸上・サッカー・バスケットボール・ティーボール・卓球・グランドゴルフなど、様々なサークル活動が行われています。

    もちろん、サークル活動以外でも、ドッチボールや縄跳び・一輪車などで、元気に走り回る、児童の声が響いている、明るい小松小学校です。

    小松小学校の特色の一つに、昭和59年に、文部省より、帰国子女教育協力校の指定を受け、たびたび、研究会や発表会・報告会などが開催されてきました。

    その実績は、文部省や某財団法人から表彰され、西宮市教育委員会からも、何度か、学校表彰を受けています。

    そして、過去には、アメリカの小学校と、姉妹校提携の協定を結んだ、という経緯もある様です。

    小松小学校の規模はといえば、平成26年度は、各学年4クラスの、777名の児童数で、教職員の数も50名いらっしゃり、西宮市で言えば、中堅どころの規模の小学校だと思います。

    小松小学校の周辺の住環境は、南に阪神本線が通り、武庫川に沿って、阪神電鉄の武庫川線が通っていますので、その沿線に、多くの中古マンションが建っています。

    中古マンションが建つ周辺は、よく整備された地域で、閑寂な環境にあるようです。

    保育所や幼稚園・小学校まで近いという中古マンションも多く、教育環境に恵まれた、校区になると思います。

    何より、小松小学校の子どもたちは、武庫川の流れを見て育っていますので、きっと、ゆったりとした川の流れの影響を受けて育ち、心豊かな子に、成長していくのではないでしょうか。

     下記の住所が、小松小学校区に該当します。

    小松小学校区
    小曽根町1~4丁目 小松北町1・2丁目 小松町1・2丁目
    小松西町1・2丁目 小松東町1~3丁目 小松南町1~3丁目