西宮市の高須小学校 のご紹介です。

  • ☆ 高須小学校の紹介

    西宮市内の小学校の校歌には、武庫川や甲山・六甲といった地名が、出てくることが多いのですが、この西宮市立高須小学校の校歌にも、「武庫の川面、六甲の峰々」という歌詞が出てきます。

    その校歌の通り、高須小学校の東側には、武庫川のせせらぎがあり、高須小学校と武庫川との間には、この高須小学校に通うお子様が住んでいる、県営団地・市営住宅・UR都市機構団地、そして、中古マンションといった建物が、建ち並んでいます。

    高須小学校の海側には、関西空港へ直結の、阪神高速5号湾岸線が通り、北側には、大阪方面に向かう、阪神高速3号神戸線が通っている、高須小学校のあるエリアは、そんな立地になります。

    かつて、西宮市高須地区には、3つの小学校があったのですが、児童数の減少からか、高須東小学校と高須南小学校が統合され、この、西宮市立高須小学校が生まれました。

    開校は、平成21年4月ということですから、まだまだ幼い子どものような、初々しい小学校です。

    新しい高須小学校の運営には、先生方のご尽力はもちろんですが、保護者の方や地域住民の方の協力も、大きな支えになっていることと思います。

    夏休み期間は、水泳指導や夏休みがんばり勉強会を開いたり、地域でのラジオ体操や公民館での行事など、盛りだくさんのイベントで、高須小学校の児童たちは、有意義な夏休みを送っています。

    秋には秋の、冬には冬の、楽しみな行事が盛りだくさんで、生徒たちも、それぞれの行事を、とても楽しみに、待っていることと思います。

    高須小学校区の最寄駅は、阪神武庫川線の武庫川団地前駅ですが、この阪神武庫川線を使って、通勤される方も多いのですが、阪神本線の武庫川駅へも、少し遠いですが、徒歩圏ですので、徒歩や自転車で行かれたりする方もいらっしゃり、また、お車をご利用の方には、高速が近くを通っていますので、大変、アクセスの便利なところです。

    また、大型の団地もあることから、スーパーや公共施設も整っておりますので、高須小学校区内の中古マンションは、住環境が整い、人気もあると思います。

    高須小学校から近い鳴尾浜には、臨海テニスコートや鳴尾浜球場、臨海公園やスポーツセンターなどがあり、静かで緑が多い街並みです。

    そんな高須小学校区ですので、西宮市内で、中古マンションの購入をご検討される時には、高須小学校区内の中古マンションも、是非、候補の一つに、お考え頂ければと思います。

    西宮市の中古マンション専門サイト「ランドステージ」では、様々な条件から、マンションの検索ができますので、ぜひご利用ください。

     下記の住所が、高須小学校区に該当します。

    高須小学校区
    高須町1丁目(1番1~10号・2~7番)