西宮市の安井小学校 のご紹介です。

  • ☆ 安井小学校の紹介

    西宮市立安井小学校は、山と海に囲まれた環境にあり、校章も、六甲山脈と大阪湾の波をモチーフに、作られたものだそうです。

    安井小学校の開校は、大正15年ですから、西宮市の中でも、古参の小学校になるのではないでしょうか。

    開校のころは、西宮第3尋常小学校と呼ばれていたと言いますので、長い歴史が感じられる小学校です。

    その後、数度に渡る増改築を経て、昭和61年には創立60周年の記念式典を挙行、おそらく、幼いころ、地元の小学校で育った、地域住民の方の感慨も、一塩のことだったでしょう。

    平成7年には、阪神・淡路大震災に被災し、避難所の役割も果たした安井小学校ですが、平成20年に、校区の変更があり、安井小学校の北、大井手町・若松町・西田町が安井小学校の校区となり、現在の児童数は700名近い数となっています。

    この大井手町・若松町・西田町付近は、阪急神戸線沿線であり、安井小学校の南には、東海道本線が通っているという好立地です。

    JRさくら夙川駅から、この安井小学校までは、わずか徒歩5分という距離です。

    駅の名前にもあるように、夙川が、校区の西側にあり、春になると、桜の花の見物で賑わいます。

    小学校と駅が近いということもあり、周辺には、中古マンションなどの物件も、非常に多い地域です。

    また、警察署や税務署など、官公庁が多くあることも、中古マンションを探す方にとっては、好条件の地域ではないかと思います。

    ただし、外部から西宮市への転入のため、中古マンションなどを探されるときは、やはり、もっとも気になるのは小学校でしょう。

    安井小学校の教育は、「安井はひとつ」をモットーに、「こころ豊かにたくましく 共に生きる安井の子供」を、学校教育目標に掲げています。

    学ぶことの喜び・人間尊重、そして、生活指導にしても、学級経営にしても、まずは、心が通うことを念頭に、安心安全な環境と、地域とのつながりを大事にした、教育を行っている小学校です。

    そのためには、教師と保護者と地域住民の方の、団結した協力体制が重要で、お互いの情報発信などを介して、協力・連携がなされているようです。

     下記の住所が、安井小学校区に該当します。

    安井小学校区
    大井手町 江上町 神楽町(8~12番)
    寿町 産所町(14・15番) 城ケ堀町
    末広町 千歳町 津田町
    常磐町 中須佐町 中前田町
    西田町 櫨塚町 平松町
    分銅町 安井町 六湛寺町(1・9番)
    若松町 和上町(5番)