西宮市の高須中学校 のご紹介です。

  • ☆ 高須中学校のご紹介です。

    西宮市立高須中学校は、20校ある市立中学校の中でも、まだ若い、と言いましても、開校は昭和61年ですが、西宮市の中で19番目に開校した中学校です。

    高須中に通う生徒は、高須西小学校からの子供たちですが、付近の住民数は5,000人に満たなかったものが、昭和54年の武庫川団地への入居と共に増え、昭和の終わりには、住民数が5倍近くにまでになった様です。

    経済も成長していた時代ですので、すでに開校していた鳴尾南中学校の生徒数も900名近くにまで増え、武庫川団地の第2の中学校として、高須中学校が開校しました。

    ただし、今では高齢化もあってか、武庫川団地の世帯数は増えているものの、人口はそれほど増える事もなく、中学校の生徒数も小学校の児童数も減り続けている事だと思います。

    それでも生徒数が少ない中、中体連では、好成績を残した運動部や活発な活動を行っている文化部もあります。

    しかし、やはりサッカーや野球、バスケットボールやバレーボールなど人数を要する種目の運動部では、春の新1年生の入部が待ち遠しい事だと思います。

    高須中学校区内には、阪神高速5号湾岸線が通り、鳴尾浜臨海公園も校区内にあります。

    校歌には「武庫の浜風・潮の息吹き・鳴尾の浜」とありますが、まさに海に突き出た様な校区になります。

    交通機関としては、校区内に乗り入れている私鉄やJR等はなく、最も近い駅は阪神武庫川線の武庫川団地前駅になります。

    しかし、武庫川団地にお住いの住人の方々の足となっているのはバスであり、10分ほどで阪神本線の甲子園駅やJR東海道本線の甲子園口へも行く事ができ、通勤や通学に不便はありません。

    日常の買い物には、スーパーなどが徒歩圏内に揃っていますし、幼稚園や保育園も徒歩圏内にあります。

    武庫川団地は住宅都市整備公団の分譲マンションですので、街並みもゆとりを考えて整えられ、公園なども配備されて、緑も多く住みやすい環境です。

    高須中学校区内に中古マンションをお求めでございましたら、是非、ランドステージにご相談下さいませ。

    新物件としてこのエリアの中古マンションが出て来ましても、すぐにお話が入ってしまう事も多いので、最新の中古マンションの新着物件をお知らせをする事も可能ですので、いつでもお気軽にお問い合わせを頂ければと思います。

     下記の住所が、高須中学校区に該当します。

    高須中学校区
    高須町1丁目(1番11~18号) 高須町2丁目 鳴尾浜1~3丁目