西宮市の上ヶ原中学校 のご紹介です。

  • ☆ 上ヶ原中学校のご紹介です。

    西宮市立上ヶ原中学校が開校したのは、昭和47年です。

    西宮市で、14番目の中学校です。

    平成26年度の生徒数は688名で、大社・神原・甲陽園・広田・上ヶ原・上ヶ原南と、6つの小学校を卒業した子どもたちが、上ヶ原中学校に進みます。

    昭和40年に、西宮市の花が「桜」に制定されたこともあって、校章は、桜の花びらをデザイン化したものです。

    そして、校歌にも「桜はかおる」と歌われていますが、入学の時期には、満開の桜の花が、新入生を歓迎します。

    平成26年度も、230名の新一年生が、この桜の木に迎えられて、上ヶ原中学校に入学してきました。

    そして、上ヶ原中学校には、もう一つ、大切な木があります。

    その木は、「長生木」(ながいき)、と呼ばれているクスノキです。

    元々、敷地内には、大きなクスノキがありました。

    このクスノキは、開校時に植樹されたクスノキの苗木が、20数年の時を経て、大きく育ち、生徒たちの成長を見守ってくれていた存在でした。

    ところが、平成7年の阪神・淡路大震災による、校舎全壊という被害を負った上ヶ原中学校の再建のために、一度は、犠牲になって、切り倒されたのです。

    そして、誰もが、クスノキのことを忘れていた7年後、クスノキに、新しい芽が生まれ、再び、生き生きと成長し始めました。

    クスノキの成長に、学校中が力をもらったようです。

    「長生木」(ながいき)と名づけたのは、生徒たちです。

    さらに、玄関ホールには、立派な壁画があります。

    この壁画も、震災からの復興の象徴として、設置されたものだということです。

    上ヶ原中学校区は、阪急神戸線・阪急今津線・阪急甲陽線に囲まれるような地域になります。

    駅は、甲陽園駅や門戸厄神駅、苦楽園駅などが利用できます。

    校区内は、高低差のある道路も多いようですが、甲山を望み、緑も多く、環境のよい住宅街です。

    中古マンションをお探しであれば、各沿線とも、優良な物件が多数あります。

    駅からちょっと離れたマンションでも、スーパーなども多く、日常の買い物には不便がありません。

    転勤・住み替えなど、西宮市内での中古マンション探しは、是非、ランドステージにご相談ください。

     下記の住所が、上ヶ原中学校区に該当します。

    上ヶ原中学校区
    愛宕山 一ケ谷町 上ケ原四番町(1~3番)
    上ケ原五番町~上ケ原十番町 上ケ原山田町 上ケ原山手町
    岡田山(1~3番) 甲山町(35~46・54~58・62~75番地・・・バス道以北及び甲山以東)
    神垣町 甲陽園東山町 越水町
    五月ケ丘 新甲陽町 大社町
    高座町 六軒町